藤沢 茅ヶ崎 湘南相続放棄相談センター

  • アクセス
  • お問合せ
  • サイトマップ
0466-97-119│相続放棄の無料相談
  • HOME
  • 相談の流れ
  • 事務所紹介
  • 相談実績
  • サービス料金
  • お客様の声
  • アクセス
  • お問合せ
  • HOME
  • 専門家の正しい選び方

相続放棄の専門家 正しい選び方

相続放棄の専門家としての豊富なノウハウがあるかどうか


相続放棄は家庭裁判所に申請しなければならない期限が決まっており3ヶ月の期限を越えてしまった場合には、家庭裁判所から相続放棄を認めてもらえない事も少なくありません。

その為に、とりわけ期限を越えてしまった相続放棄の場合には、相続放棄におけるノウハウの乏しい事務所では対応が難しく、場合によっては申請が却下されてしまうこともあります。

そうなってしまった場合には、相続放棄をすることが出来ず、全ての負債を背負わなければならなくなるなど、取り返しのつかないことになってしまいます。

家庭裁判所への申請は一度しか出来ないので、申請が通らなかった場合には、どんなに足掻いたところでどうにもなりません。

だからこそ、相続放棄を依頼する専門家を選ぶ際には、相続放棄専門の司法書士であり、事務所の実績をしっかりと見極めることがポイントです。
 

相続放棄の手続きだけでなく、あなたにとって最適なプランを提供してくれるかどうか


当事務所に寄せられる相談の中には、「相続放棄をしたい」という相談に来た方でも、そのままお受けすることはせず、しっかりとヒアリングをさせていただいた中で、本当にあなたにとって相続放棄をすることがベストの選択なのかどうかを見極めます。

具体的な例で説明すると、「相続放棄をしたい」という方の中でも、良く調べてみたら「見知らぬ不動産があった」「貸金庫の中に現金や証券が保管されていた」ということもありますが、一度家庭裁判所に受理されてしまった申請は取り下げることは出来ません。

また、親が残した借金の中に払いすぎた、いわゆる「過払い金」があることもありますが、相続放棄の申請をした後では、過払い金を受け取ることは出来ません(過払いについてはこちら)。

その司法書士があなたにとって最適な提案をしてくれるか、ヒアリングを重視しているかをしっかりと見極めることがポイントです。
 

あなたのことだけではなく、相続人全ての方を考えたサポートを行なってくれるかどうか


相続放棄は、あなたが相続放棄を行なった場合に、次の順位の人が相続人になる、つまり、その負債を次順位の方が背負わなければならなくなります。

あなたが相続放棄を行なったことを次順位の方が知っているかといえば
必ずしもそうではありません。

あなたが相続放棄をしたことは、他の相続人や、次順位者の相続人に「通知」することが要件とされていないため、他の相続人は、知らないうちに放棄した人の債務を相続している状態となります。

その為に、次順位の方が知らぬ間に負債を背負ってしまうことになり、相続トラブルに発展することも少なくありません。

もちろん、お互いに頻繁に交流している方同士なら問題ないかも知れませんが、相続人同士が全く交流のない場合や、仲が悪いということもあり、連絡がとりづらいということもよくあります。

その為、当事務所では、皆さまの相続放棄が受理された際には、次順位の方に通知をするサービスを行なっています。上記のように、相続人間でトラブルになることも防ぐことが出来ます。


0466-97-1196│相続放棄のご相談は「湘南 相続放棄相談センター」へ

     

ホーム

相談の流れ

事務所紹介

相談実績

サービス料金

お客様の声

アクセス

お問合せ