藤沢 茅ヶ崎 湘南相続放棄相談センター

  • アクセス
  • お問合せ
  • サイトマップ
0466-97-119│相続放棄の無料相談
  • HOME
  • 相談の流れ
  • 事務所紹介
  • 相談実績
  • サービス料金
  • お客様の声
  • アクセス
  • お問合せ

相続放棄と利益相反(未成年の相続放棄)

相続放棄をするときに問題となるのが、「利益相反」です。
未成年者は相続の申し立てをすることができずに、通常は親権者である親が代わりに手続きをすることが法律で定められております。

この法律は現在ももちろん適用されていますが、次のケースでは、親権者が相続放棄の申し立てをできません。

  1. 夫が亡くなった。(その逆も同様)
  2. 妻が夫の財産を全て受け取る。(その逆も同様)
  3. 未成年の子供は相続放棄をする。

理由は、子供に相続放棄させると、親は自分の利益が増えるからです。
 
ですから、この場合に限り、親にかわって未成年者の相続放棄を進める人を決めます。
この相続放棄を進める人を「特別代理人」といい、相続放棄を進めることについて裁判所の許可をもらいます。
 
ちなみに特別代理人候補者は申立をする側が選び、未成年者の伯父、伯母、祖父、祖母などが選ばれる事が多いようです。

未成年者と利害関係がなければ基本的には誰でも構わないとされています。
このような申し立ても当事務所で引き受けておりますので、心当たりのある方はお気軽にご相談ください。

相続放棄その他のメニュー

相続放棄の落とし穴

相続放棄と自己破産

相続放棄と預金の利用

相続放棄と利益相反

相続放棄の取り消し

相続放棄と過払い金

 

注意すべきポイント

 


0466-97-1196│相続放棄のご相談は「湘南 相続放棄相談センター」へ

     

ホーム

相談の流れ

事務所紹介

相談実績

サービス料金

お客様の声

アクセス

お問合せ